So-net無料ブログ作成

幻のPC-8001用2HDドライブ [パソコン]

PC-8001 でディスクドライブが接続されているシステムで、ディスクから読み込みを行わずに ROM BASIC を起動するテクニックとして、「ESC 」キー + Reset という手法が知られています。

N-BASIC は、起動処理の途中でディスクドライブの接続状態を調べ、接続されていれば IPL を読み込むという処理をするのですが、「ESC 」キーが押下されていないとコントロールポート FFH が、押下されているとコントロールポート FBH が選択されるようになっています。
このとき選択されたポート番号はワークエリアに格納され、ディスクサブシステムとのハンドシェークルーチンはこの値を参照して出力先を決定しています。




PC-8001 / PC-8801 シリーズでは、ポート FCH - FFH は 5″2D ドライブとのハンドシェークに使用されていますが、PC-8801 シリーズでは ポート F8H - FBH は 5″2HD DMA ドライブの制御用に割り当てられています。

ただ、このことから PC-8001 に 5″2HD を接続する事を考えていたと考えるのは乱暴です。
電電公社フォーマットとして知られる 5″2HD ですが、PC-8001 が発売された 1979 年当時に、標準的な規格として存在していたのは、8″1S/2S/2D と 5″1S/1D だけでしたし、国産で 5″2HD 搭載PCが発売されたのは、PC-8001 の発売から5年後の 1984 年 2 月発売の「富士通 FM-11 BS/AD2」が最初ではないかと思います。

ちなみに NEC のパソコンでは、同じ 1984 年 11 月に発売された PC-9801 M が、PC-8801 シリーズでは 1985 年 11 月発売の PC-8801 mkII MR が、5″2HD を搭載したシリーズ初のモデルです。
また、1981 年 7 月発売のオフコン N5200 シリーズの初代機 N5200/05 (オーファイブと呼ばれてました)には 8″2D ドライブが2基搭載されていました。




このことから考えると、PC-8001 には 8″2D を 5″1D/2D と同じようにインテリジェントドライブとして接続する予定だったのだと思われます。

PC-8001 用には 8″2D ドライブは発売されませんでしたが、もしかしたら PC-100 の 5″2D ドライブを 2DD ドライブに換装したユーザーが居たように、PC-8001 に 8″2D を繋げる事に成功した方が居たかもしれませんね。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

本名荒井

ピーガーにおなじみのマイコン少年からすれば、容量はさておき、ディスクドライブは憧れのデバイスでしたね。初めてディスクを導入したときは、ランダムアクセスの便利さを思い知ったものでした。

MSXでは当初1Dだったのが、やがて2DDが主流になりました。MSX2用「レイドック」は1Dで、容量の都合で、タイトル画面だけ、同梱のカセットテープからロードするという有様でした。後年MSX・FANに再録されたときは、一枚のディスクにタイトル画面も収められており、時代の流れを感じたものです。

DVD+R DLやBlue-Ray等々、密度を上げることで容量を稼ぐという方法は、今もあんまり変わってないような気もします。
by 本名荒井 (2010-01-30 10:48) 

Thunderbolt

本名荒井さん、コメントありがとうございます。

PC-8001 でも最初に発売されたのは 1D のディスクユニット(PC-8031)でした。
当時、10枚入りの一箱が15,000円程の値段だったので、システムイン京都で無理を言って1枚だけ売ってもらった記憶があります。 それでも1,500円程でしたので、カッターナイフでインデックスホールとプロテクトノッチを開けて、両面使えるようにしてましたね。
PC-8031-2W が発売され 2D が使えるようになり、トラック数も 35 から 40 に増えたのは嬉しかったです。 ただ PC-8031 を買った仲間は悔しがってました。

今やポータブルメディアと補助記憶は、駆動用のモーターやバックアップ用のバッテリを必要としないフラッシュメモリの時代ですが、この先密度を上げるとなると、いったいどのような記録方法が出現するのか、素人ながら楽しみです。
回折格子か、はたまたホログラムか…。
by Thunderbolt (2010-01-30 14:55) 

とおりすがり

3~4台目のFDD装置から起動するためじゃないかなあ。 > FBH

by とおりすがり (2010-11-28 10:15) 

Thunderbolt

とおりすがりさん、コメントありがとうございます。

PC-8031の3~4台目の拡張ドライブとして使われるPC-8032はCPU/RAM/ROMを内臓しておらず、PC-8031側のファームウェアで制御されています。なので、コマンドパラメータでユニット番号を3~4台目に指定すれば1~2台目の読み書きと同様に処理されます。この時、使用されるポートはFCH..FFHです。
PC-8001の起動時にESCキーを押下してコントロールポートをF4H..F8Hに設定してもPC-8031のファームウェアは対応してないのでPC-8032に挿入されたフロッピーから起動する事はできないと思いますが…。

by Thunderbolt (2010-11-28 14:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。