So-net無料ブログ作成

太古のお絵かき手順 2/2 [お絵かき]

前回の記事「太古のお絵かき手順 1/2」はこちら


ブラウン管へのラップの貼り付けが終われば、いよいよグラフィックエディタ88(以下GE88と略します)での作業です。

retro_024.png

今回は、この絵の制作過程を説明します。



《グラフィックエディタでの作業》


1. まず準備として、画面全体を2色でタイリングしておきます。

 2色で交互にタイリングしておくことで、画面上でドットが数え易くなります。


2. ラップに描かれた線画に沿ってトレースします。

手順2:トレース


3. トレースが終わったら、顔を描きます。

 顔は後で肌色をタイリングするため、単色で塗りつぶしておきます。

2804381487.png
 顔を描くと絵の全体イメージが掴み易くなります。


4. 髪を黒色で塗るための準備として、輪郭と「つや」を境界で囲みます。

2804435332.png


5. 髪の毛を単色で塗りつぶします。

2804452417.png
 GE88 はペイント時の境界色を複数指定できるので楽ですね。


6. 色変換で髪の毛を黒色に変換します。

2804464821.png
 境界線も含めて黒色に変換されました。


7. 髪の毛の「つや」の部分をダークグリーンに色変換します。

2804491316.png
 今回は範囲を指定して色変換しています。

2804514612.png


8. 背景をグレーにするための準備として、服の色を変えておきます。

2804570090.png
 黒/青のタイリングが黒/水色に変わりました。

2805015069.png
 はみ出した部分は手作業で修正…


9. 背景を色変換で灰色にします。

2805032208.png


10. 服の色を元に戻し、顔を色変換する準備をします。

2805142042.png


11. 最後に肌色の色変換をすれば完成です。

2806265486.png
 肌色の部分は複雑な3色タイリングになっています。



今回は太古の画像と寸分違わないモノを作成したので2時間ほど掛かりましたが、この程度の絵だと慣れれば1時間ほどで描けちゃいますね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。